糖尿病は普通に治せるらしいです…

大人になってから1型糖尿病が判明?

大人になってからなる糖尿病は、基本2型だというのは、一般的です。

なぜなら、1型糖尿病というのは、生まれつき膵臓のランゲルハンス島β細胞の機能に問題があるのが原因な関係上、小児から思春期にかけて発症するからですが、実際のところ、発症年齢だけで糖尿病の型を判断することはできないみたいです。

なぜなら、1型糖尿病でも、大人になってから判明する場合もあるとの事。

しかも、中高年と呼ばれる年齢で、というのあり得るそうです。
そのため、最初は2型糖尿病だと誤診されることすらあるとのことでした。1型糖尿病は生まれつきの疾患ですから、そうなるのも仕方ないですよね。

それにしても、なぜ1型糖尿病なのに、大人になってから判明するのでしょうか?

それは、同じ1型糖尿病でも、症状が2型糖尿病のように緩やかに進行するタイプがあるからです。そういったタイプの1型糖尿病は、緩徐進行1型糖尿病と言われています。

詳しく言うと、膵臓のランゲルハンス島β細胞から、正常値よりは低いものの、一応生存に必要な程度のインスリンは分泌されているため、体に負担をかけるようなことが無ければ、判明する程の症状が現れるまである程度の時間がかかるとのことでした。