糖尿病は普通に治せるらしいです…

HbA1c値を下げるには?

糖尿病とも関係している、HbA1c(ヘモグロビンエイワイシー)。

なんでも、高血糖状態により、血管内に残った余分なブドウ糖が、ヘモグロビンと結びつくことでできるみたいです。そのため、この数値が6.1パーセントを上回った場合は、糖尿病に気を付けた方が良いのだとか。

では、そのHbA1c値を下げるには、どうすれば良いのでしょうか?

方法としては、大きく2つそうです。1つは、食事の改善。HbA1cの原因は高血糖ですから、血糖値の上昇を引き起こさないよう、糖の含まれた食品を控えるようにするんです。

具体的には、炭水化物や穀類、イモ類、甘い果物、菓子類などの量を調整すべきとのことでした。ちなみに、炭水化物は抜くくらいの勢いで、とのことでした。

もう1つは、運動。高血糖の原因には、運動不足も挙げられるからです。

ただし、運動とは言っても激しい運動ではなく、軽い有酸素運動で良いそうです。
詳しく言うと、食後に1時間くらい、それが無理なら1回10分程度で3~4回、ウォーキングや水泳をするのがベストとのことでした。

これなら誰でも体力的な負担は少ないと思います。
糖尿病に関わるとされているので、HbA1c値を下げるなんて大変そうなイメージを抱きましたが、その原因が高血糖が長く続く事でブドウ糖が結合する事。

となると、それを起こさない習慣を心がける事が何よりも大切なんだなと実感します。