糖尿病は普通に治せるらしいです…

HbA1cが高い人は睡眠不足?

HbA1cは、糖尿病の診断にも使われる数値で、血中のブドウ糖とヘモグロビンがどれくらい結合しているのかを示しているそうです。つまり、HbA1c が高いと、血中にたくさんブドウ糖があったということですから、早急に改善した方が良いんですね。

では、どういった対処策があるのかと言うと…よく挙げられるのは、食事内容の改善と、適度に運動を取り入れることだそうです。具体的に説明すると、食事に関しては、炭水化物や甘い物の量を調整することが重要みたいです。

なぜなら、それらにはたくさんの糖が含まれている関係上、摂取し過ぎるとインスリンによるエネルギー変換が間に合わず、高血糖状態となってしまうからです。

また、運動に関しては、糖から変換されたエネルギーを効率良く消費するため、ウォーキングなどの軽い有酸素運動が良いとのことでした。しかし、食事と運動に加えて、最近ではもう1点、改善すべき点が指摘されています。

それは、睡眠。詳しく言うと、睡眠が不足することによっても、高血糖が引き起こされ、HbA1cの数値が上がってしまうのだとか。

なぜなら、睡眠不足だと膵臓のランゲルハンス島ベータ細胞の機能に支障が出て、インスリンの分泌が十分にされないからです。そのため、HbA1cが高い人は、食事、運動、睡眠の3つの観点から、生活を改善すべきとのことでした。