糖尿病は普通に治せるらしいです…

デトックス効果のある食べ物は無い?

デトックス効果のある食べ物で検索してみると、緑黄色野菜、根菜類、果実類などが色々と紹介されていたのですが、これらは、デトックスにつながるというより、ただ単純に健康食品として有名なものだけでした。

そもそも、体内の毒(化学物質、老廃物など)を出すのは、食品ではなく、食べない事です。つまり、食品の中から正解を見つける事自体が間違いかもしれません。

人の体は、食事をして消化が行われ、それが、肝臓まで運ばれて栄養となり吸収されるというプロセスが繰り返し行われますが、排出する事よりも吸収する事が優先されます。

生きるという事は、栄養を取り入れる必要があるので至極当然の事ですね。

なので、吸収優先の体の環境の中では、食事を繰り返す程に、毒を出す事は後回しになります。つまり、常に何かを食べているような生活を続けていると、カロリー過多になり太るだけではなく、毒を出す機会を損ない、体内に溜め込んでいる可能性が高いようです。

そんな生活を何年、何十年と繰り返していくと、普通の食生活では、排出できていたハズの毒が少しずつ蓄積し、それが炎症を引き起こし腫瘍やガンという形となるそうです。

がん細胞は、白血球と似た働きをしているそうですが、どちらも活性酸素を出して周囲の細胞を弱らせるそうです。

人にとっては、命の危機という解釈が当たり前となっていますが、見方によっては、体で処理しきれなかった毒を一時的に保管する場所という考え方もされているらしく、そう考えると、デトックスとのつながりがあるように感じます。

では、「やせている人は、これに当てはまらないのでは?」のようにも思いがちですが、人には、個体差があり、やせている理由もそれぞれ異なるので、やせの大食いというケースも消化吸収が優先されて、デトックスの働きは休みがちかもしれません。

どのような理由にしても、優れた食べ物からデトックスができるのではなく、食事を控えた方が体の働きから考えてもデトックスに直結するという事なのではないでしょうか。